会社にお金を残すには?


会社の資金を潤沢にしておくことは、悩み事の多い経営者にとって安心材料であり、会社の運営上とても重要なことでもあります。
税金を払いながらお金を会社に残す方法は、その計画性が1番重要です。
計画に基づいた売上と経費の使い方、どこでどれだけ経費を使うのか、計画的にやることこそ会社にお金を残す1番の方法であり、これが節税にもつながります。

関連記事

  1. 決算書の読み方その2(損益計算書)
  2. 決算書の読み方その1(貸借対照表)
  3. 節税の基本とは?
  4. そもそも簿記ってなんだ?(雑談)

最近の記事

PAGE TOP